Men's JOKER PREMIUM に記事が掲載されました!2016年6月 vol4

〈ザ・クロックハウス〉で発見! 今すぐ着けたい傑作ウオッチ28選 [ スタイル別 ]に探す名品時計図鑑

 

自分に合ったスタイルの時計を持つことは、シーンに応じてウオッチを着替えるためにも大事なこと。

ここからは7つのスタイル別に28本の珠玉作を一挙見せ!

Style 01

BUSINESS ビジネス

ビジネスシーンにおいて必要となるのは、機能面を充実させたハイクラスなウオッチ。

とりわけ多忙な大人に推奨したいのは、常に正確な時間を刻むGPS機能搭載の逸品。

オンタイムの心強い相棒となってくれる。

 

【左から】

GPSハイブリッド電波ソーラーシリーズの最新作。

ワールドタイムの高速切り替えを可能にする新開発のモーターを内部搭載している。

23万円[OCW-G1100-1AJF]/オシアナス

 

世界初のGPSソーラー時計として知られる「アストロン」。

その第二世代である8Xシリーズは、さらなるサイズダウン&省電力化に成功している。

23万円[SBXB041]/セイコー

 

8Xシリーズのミニマルなサイズ感は生かしつつ、デュアルタイム表示を新たに内蔵することで機能性がさらに向上。

海外でも強さを発揮する。22万円[SBXB073]/セイコー

 

最短3秒でGPSの情報から時刻とカレンダーを修正するサテライトウェーブ機能を搭載。

高性能でありながら、13.1mmと驚くべき薄さを実現した。20万円[CC9015-54E]/シチズン

Style 02

FORMAL フォーマル

着こなしを格上げする精悍なデザインに、実用性を重視した信頼の置けるスペック。

フォーマルな場面ではこの2つの要素を高次元で両立させた腕時計が欠かせない。

大人の男ならば1本は持っておくべき!

 

【上から】

メンズラインの「アテッサ」から新着。

エコ・ドライブを搭載し電池交換が不要なうえ、電波受信機能付きで時刻合わせもオート。

6万5000円[CB3010-57L]/シチズン

 

電子リューズスイッチによって感覚的な操作が行える。

さらに、12時間計のインダイヤルでワールドタイムを表示できる。

10万円[OCW-T2600-1AJF]/オシアナス

 

最先端ムーブメントのフライト エキスパートを用いた、「ブライツ」の新モデル。

ワールドタイムやソーラー電波を筆頭に、多機能を擁する。10万円[SAGA191]/セイコー

Style 03

RETRO レトロ

時計のみに限らず、ファッションシーン全体でトレンドキーワードとなっているレトロ。

最新鋭のハイテクモデルとは一味違う、プリミティブかつ趣深い出で立ちのウオッチは、手元に洒脱感をもたらしてくれる。

 

【左上】仕上げ分けの文字盤や六角形インデックスは「ホライズン」の大きな特徴。

このカラバリモデルは鮮烈な赤ダイヤルでアイキャッチ効果大!

3万円[WV0031TY]/オリエント

 

【左下】軽量&堅牢なチタン素材を使った自動巻き時計。

ブルーで彩られたパワーリザーブ針と秒針がクリーンなデザインのスパイスとなる。

12万円[WZ0031AF]/オリエントスター

 

【右上】1970年代の機械式ウオッチをモチーフにしたネオ70'sシリーズより、売れ筋の「ホライズン」。

ソーラー駆動で手間が掛からないのもうれしい。3万円[WV0011TY]/オリエント

 

【右下】文字盤に配した小窓から中のテンプが覗くスケルトン仕様。

オートマティックモデルながら、手巻き機能を備えているのもキモだ。

7万2000円[WZ0081DA]/オリエントスター

Style 04

CLASSIC クラッシック

クラシック系ウオッチの特筆点は、流行り廃りとは縁遠い普遍的デザインにある。

特に今季推奨したいのは〈ニクソン〉の定番。

ベーシックを踏襲しつつも、色使いの妙でセンスフルな見栄えを好演している。

 

 

【左】ケース径38mm×厚さ10mmのボリューム控えめなケースで合わせやすい「セントリー38」。

2万9500円[NA4501041-00]/ニクソン

 

【右】定番のモデル「タイムテラー」。

黒基調で落ち着きを出しつつ、金の挿し色で高級感も添えた。1万4800円[NA0451041-00]/ニクソン

Style 05

ACTIVE アクティブ

スポーツ・アウトドアなどを始めとしたアクティブなシーンにフィットするのは、やはり最高峰のタフネスを誇る〈G-SHOCK〉。

外遊びでも街でも映えるルックスで縦横無尽に活躍してくれる!

 

【左】こちらも同じく「Gスチール」より。

レイヤーベゼルを筆頭とした優秀な機能性に加えて、潔さを感じる色使いも男心を刺激する。

4万5000円[GST-W110D-1AJF]/G-SHOCK

 

【中上】ハイクラスな防塵&防泥構造を備えた「マッドマスター」の最新型。

方位および温度が計測可能なツインセンサーを新しく搭載した。

3万7000円[GG-1000-1AJF]/G-SHOCK

 

【中下】レイヤー構造のベゼルで圧倒的な耐衝撃性を実現した、新シリーズの「Gスチール」。

ダブルLEDライトによる高い視認性もカギ。4万2000円[GST-W100D-1A2JF]/G-SHOCK

 

【右上】夏の青空や広大な海からインスパイアされた爽快なデザイン。

マルチバンド6やタフソーラーといった便利機能にも注目だ。

2万4000円[AWGM100SWB-7AJF]/G-SHOCK

 

【右下】人気作の「ハイパーカラーズ」。

大型のロータリースイッチが設けられ、直感的操作に対応する。

上下でカラーが異なる液晶も印象的。1万6000円[GA-400-7AJF]/G-SHOCK

Style 06

MODERN & SMART モダン & スマート

今ドキ感漂うスタイリッシュな見栄えで、コーディネイトにあか抜けた雰囲気を呼び込んでくれる。

手元に投入すれば、いつもの着こなしが見違えるはずだ。オンオフ両用を考えるならメタルバンドが◎。

 

【上から】

風防の縁部分に配された挿し色がブラックボディに映える。

ソーラー駆動&マルチカレンダーで機能面にもアプローチした。

2万5000円[KB1-244-51]/インディペンデント

 

文字盤だけでなくガラス縁にもブルーを配し、とことんモダンな顔つきに。

縦置きされたカレンダーが程よいデザインアクセント。

2万1000円[KB1-210-71]/インディペンデント

 

スマートフォンとの連動機能を有する次世代型。

3 時位置の回転式インダイヤルは、北極圏上空から見た地球をイメージしている。

5万円[EQB-600D-1A2JF]/エディフィス

 

"ウォーターブルー"をキーワードに製作。

さざ波を思わせるベゼルカットや水の広がりを意識したグラデーションブルーに目を奪われる。

2万1000円[AGAT409]/ワイアード

 

空や風のブルーから着想。鮮やかな色合いで夏のコーデにおあつらえ向きだ。

6 時位置のボリューミィなサブカウンターにも着目したい。2 万2000円[AGAW442]/ワイアード

Style 07
FASHION ファッション
腕時計はギアであると同時に、装いを彩るアクセサリーでもある。
特に軽装化が進む今の時期は、ファッショナブルなウオッチが手元のプラスワンとして非常に効果的!
 
【左上】コンセントリック仕様の表情豊かなダイヤルが主張するクロノ。
文字盤12時位置だけでなくバックルにもロゴが鎮座する。
2万8000円[AX2509]/A|Xアルマーニ エクスチェンジ
 
【左中】ブランドの看板作たる「ホルスト」。
無駄を省いたコンパクトなフォルムが、手元に洗練をもたらす。
イエローの秒針で遊びもプラスした。1万9000円[SKW6282]/スカーゲン
 
【左下】アディダスオリジナルスのアイコン的スニーカーのシェルトゥを3時位置にあしらい、シューズ裏のパターンをダイヤルに。
1万1500円[ADH3102]/アディダス タイミング
 
【右上】ブルーのミネラルガラスが季節感を演出してくれる。
白ステッチが入る革バンドも軽快さをアシストする。
風防は見る角度で色の深みが変化。1万6000円[FS5184]/フォッシル
 
【右下】カフェレーサースタイルのバイクにインスパイアされたロールケージ。
リューズガードを兼ねるフレームがダイヤルを囲む。
2万2000円[DZ1755]/ディーゼル タイムフレームス

人気記事ランキング

カテゴリー

アーカイブ

雑誌掲載情報一覧